弘前市一般不妊治療(AIH治療)費助成事業

[概要]

弘前市では、不妊治療を行っている夫婦の経済的な負担の軽減を図るために、「弘前市一般不妊治療(AIH治療)費助成事業」(平成29年度から実施)と「弘前市特定不妊治療費助成事業」の2つの助成事業を実施しています。
「弘前市一般不妊治療(AIH治療)費助成事業」は、一般不妊治療のうち配偶者間人工授精による治療(AIH治療)を行っている夫婦に対し、その治療に係る費用の一部を助成します。
「弘前市特定不妊治療費助成事業」については下記ページをご覧ください。 弘前市特定不妊治療費助成事業

[支給内容]

<助成金額>
1回のAIH治療につき治療に要した経費の実支出額の合計または1万円のいずれか少ない額を支給します。
ただし、次に掲げる費用は除きます。

  • 医療保険各法に基づく給付の対象となる費用
  • 交通費、文書料、入院費等の直接治療に関わらない費用
<助成回数>
同一夫婦において年度内に2回まで

[対象者]

次の要件をすべて満たすご夫婦

  • AIH治療実施時で法律上の婚姻をしている夫婦であること
  • AIH治療実施時で妻の年齢が35歳以下であること
  • 夫婦の両方または一方が本市に1年以上住所を有し、居住の実態があること
  • 市税等の滞納がない方
[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

原則、治療をした日の属する年度の末日まで

[手続きなど詳しくは]

「弘前市一般不妊治療(AIH治療)費助成事業(平成29年度から実施)/弘前市不妊治療費助成事業のお知らせ(弘前市サイト)」をご覧ください。

弘前市一般不妊治療(AIH治療)費助成事業(平成29年度から実施)/弘前市不妊治療費助成事業のお知らせ(弘前市サイト)

子育て応援情報

「ぎゅっと!」をシェアしよう
  • つぶやく